INTERVIEW

社員インタビュー

Salesforceシステムエンジニア
(2020年入社)

Salesforceシステムエンジニア
(2020年入社)

開発知識のあるコンサルタント
お客様に信頼される技術者を目指す

開発知識のあるコンサルタント
お客様に信頼される技術者を目指す

Q. なぜIT FORCEを選びましたか?

 もともと、経営管理システムを扱う企業にてITコンサルタントとして従事していましたが、領域の狭さや、動作の不安定さといった議題に直面しており悩んでいました。加えて自分自身が設計業務のみに注力しており、実装、開発の経験がないことに焦りを感じていました。
そうした思いの中で、急速に知名度を伸ばしているSalesforceに出会い、そのカスタマイズ制の自由さ、今後さらに伸びることになるツールであると確信し、それに携わってみたいと思うようになりました。
その中でIT FORCEを選んだきっかけが、大手企業のシステム開発を長年生業として実績があり、さらにsalesforceの導入パートナーとしての地位も築き上げている点に魅力を感じました、実際に面接を受けてですが、自分が目指したい姿、「開発知識のあるコンサルタント、お客様に信頼される技術者」という理想像の方がいて、それを目指せる環境だ、と強く思ったのが入社のきっかけとなります。

成長と働きやすさが兼ね備えられてる "理想の組織"

成長と働きやすさが兼ね備えられてる "理想の組織"

Q. IT FORCEってどんな組織?どんな魅力がある?

 「モノづくり」に集中しており、意思疎通、コミュニケーションがはっきりとわかりやすい組織です。
クライアント貢献をするうえで、「要点をまとめて正確に物事を伝える」ことが一番重要かつ、難しいことと思っていますが、IT FORCEは多国籍な組織でもあるので、会社の文化として「わかりやすいコミュニケーション」が浸透しています。
それが大きな武器だと思うと同時に、非常に魅力的な組織だと考えています。
変な意味で社内政治はありません。笑
コンサルタントを目指したい自分にとっては、「要点を抑え、簡潔でわかりやすいコミュニケーション」ができる人間になりたいと思っており、それが日々実践できる環境は、成長と働きやすさが兼ね備えられてる 理想の組織です。

Q.どんな人が活躍できる環境ですか?

interview2_01

 受け身ではなく、自分で発信ができる人物ではないでしょうか?たとえ間違っていても、足りないところはチームのメンバーがブラッシュアップしてくれます。しかし、技術力が高く、向上心が強い人が多いので、「教えてもらう」が前提になっていると、おいてけぼり・・となってしまう可能性があります。もちろん、スキルや知識、経験が足りないのは、皆最初同じです。
だからこそ、わからないところを自分から聞く、良くないと思ったところは発信して議論を交わす、等前向きに取り組む姿勢が大事だと思います。

Salesforce導入支援システムエンジニア 経験を積み、現在、案件によってはPLを担当。

interview2_01

Salesforce導入支援システムエンジニア 経験を積み、現在、案件によってはPLを担当。

 受け身ではなく、自分で発信ができる人物ではないでしょうか?たとえ間違っていても、足りないところはチームのメンバーがブラッシュアップしてくれます。しかし、技術力が高く、向上心が強い人が多いので、「教えてもらう」が前提になっていると、おいてけぼり・・となってしまう可能性があります。もちろん、スキルや知識、経験が足りないのは、皆最初同じです。
だからこそ、わからないところを自分から聞く、良くないと思ったところは発信して議論を交わす、等前向きに取り組む姿勢が大事だと思います。

Q.Salesforceに携わる魅力はなんですか?

 何よりも、その幅広いカスタマイズ制です。
CRMクラウド、というと営業向けパッケージとしての認識が強いと思いますが、実はそれだけではなく、お客様の要望によっては違う用途でsalesforceを導入し、運用することも可能です。
一つの領域では終わらない、まだ見ぬ新たな領域へのカスタマイズ、そしてあらたな機能やシステムを構築することもできる、無限の可能性があります。
また、システムは導入して終わりではなく、実際にお客様に使っていただき、その運用から新たな課題をお客様に提案し、機能の改善をお客様と作り上げることができることはとても楽しいですし、モノづくりとしての醍醐味があります。
また、お客様の中にはIT知識が薄い方、新たなクラウド導入に懐疑的な方もたくさんいます。
そういった方に「わかりやすく要点まとめた、正確なコミュニケーション」を取ることで、実際に導入いただき、最終的にお客様に喜ばれるようなシステムを作り上げることに達成感と自分の成長を実感できています。

INTERVIEW

社員インタビュー

ENTRY

募集要項

CONTACT

お問い合わせはこちらから